医療機関とエステサロンでは、脱毛の種類や効果は違う?

医療脱毛とエステ脱毛
脱毛をするには、クリニックで行う医療脱毛と、エステティックサロンで行うエステ脱毛があります。医療脱毛とエステ脱毛にはどんな違いがあるでしょうか。また、双方のメリットやデメリットはどんなところにあるでしょうか。その効果なども絡めながら見ていきましょう。

医療脱毛にはどんな特徴が?
医療脱毛はクリニックで医師が行うもので、医療レーザー脱毛が一般的です。毛根の黒い色素にピンポイントにレーザーを照射していく方法で、施術時間は短く、脱毛効果も高い施術方法です。ただし、強い光をあてますので、強い痛みを感じる人もいます。

メリットとしては、施術時間だけでなく終了までの期間も短いことが挙げられます。また、施術をしてから効果が表れるまでの期間も比較的短めです。デメリットとしては、強い痛みのほかにも、費用が高めというところも挙げられます。費用に対してどれくらい効果が見込まれるか、というところの見極めが、医療脱毛を選ぶかどうかのポイントになるでしょう。

エステ脱毛にはどんな特徴が?
エステでの脱毛では、光脱毛が一般的です。光脱毛にはIPL脱毛やSSC脱毛といった種類がありますが、どちらも光を利用した脱毛方法です。広い範囲に弱めの光を照射して、毛根部分を壊していく方法が一般的です。お店によって脱毛の種類も違いますので、気になる方は問い合わせてみましょう。

光脱毛のメリットとしては、まず痛みが少ないことが挙げられます。全く痛みがないというわけではありませんが、医療脱毛に比べて小さな痛みとなっています。また、料金が比較的安めで、キャンペーンなどを利用すればよりお得な料金やコースで施術してもらうことができます。デメリットとしては、終了までに時間や回数が掛かってしまうこと、効果を感じるまでに時間が掛かることなどが挙げられます。

脱毛は種類によってさまざまな違いがあります。自分がどんな脱毛をしたいのかについてよく考えてみましょう。